福岡からこんにちは。
一般社団法人リラクセンスボディセラピー協会の
熊倉達之&利子です。

 

 

 

Facebookを見ていたら、
2年前の今頃は北海道にいたことを思い出しました。

 

 

 

凍った湖の上に、この時期だけできる露天風呂。
すごい時はマイナス30度を下回るほど寒い中で入る温泉もあって、
良い思い出です。

 

71EC76F1-6B58-4E6F-92A1-DFB95117EAFA

 

そんな中、大きなイグルー(かまくら)の中で、
後にリラクセンスを学んでくださったあるご夫婦に
一緒にリラクセンスを体験していただく機会がありました。

 

 

 

ご夫婦並んで
一緒に受けていただいたのですが、

 

 

 

受けていただくうちに、
気持ちよくてだんだんウトウトしていく中で、
お2人が段々1つになっていくように寄り添われていくのが印象的でした。

 

F99E9D4A-CB10-4624-9189-C618B9660444

 

▼その時の動画がこちらです
youtu.be/qgnUtUDbAso

(この動画は自由にシェアいただけます。)

 

 

今回の福岡での1DAY講座でも、
「リラクセンスはすごいコミュニケーションツールですね!」
という感想があったのですが、

 

 

 

“触れ合う”ことってとても大切なことなのですが、
日本人は欧米人ほど触れ合う習慣がないので、
なかなか自然とできないものです…

 

 

 

でも、リラクセンスボディセラピーは、
それが自然とできるツールなんですよね。

 

 

 

そして、その基本は、
相手を感じようとする思いで触れるということ…

 

 

 

どうしても、

相手のために「してあげよう」と考えてしまいがちですが、

 

まずその前に、
「相手が何を求めているのか?求めていないのか?」
を感じようとする思いが大切です。

 

 

 

そしてこれは、
たとえ相手に直接触れるという場面でなくても、
普段から心がけたいものです。