こんにちは、
リラクセンスボディセラピー協会の
熊倉利子です。
実は先日、ギタリストの
カルロス・サンタナのライブに行って来ました。

 

 

IMG_6388
ラテンなロックを奏でる
サンタナの曲に出会ったのは16才の時!

 

 

大好きなロックと母のお腹にいる時から聴いているラテン♪
一瞬で、サンタナの奏でるギターに魅了されてしまいました。

 

 

以来、大好きなアーティストの中に
いつもいるサンタナ。
4年前の来日の際は、大阪と東京と2回も行ってしまったほど...
CDで聞く音とは違って、
日本武道館に響く生の音は、やっぱり違いました~。
CDは雑音を取り除いたり、
そぎ落としたりして作り上げた美しい音。
でも、生の音は
今奏でた音の全てがそのまま伝わってくる!
その振動まで!
だからこそ、耳だけで聞くのではなく、
もちろん目でも、
そして肌でも感じ取ることができる。
すると、身体が自然と反応し
リズムに合わせて動き始める。
そしていつしか、
そのバイブレーションと一体になっていく...
その心地良さと言ったら、言葉にできない感覚。

 

 

IMG_7410

 

 

実はこの感覚って、
リラクセンスボディセラピーと同じなんです。
相手の体のバイブレーションに、
自分が寄り添い、
体でそのバイブレーションを感じていくと、
いつも間にか、相手の自分のバイブレーションが一つになっていく。
そこには、
施す側、受ける側の境界線がなくなり、
お互いが心地よい循環の中にいる。
そして、
お互いが楽な状態となっていく…
音楽のライブとボディセラピー、
一見全く違うもののようですが、
根底にあるものは同じなんだなぁ…
そんなことを感じた
今回のサンタナのライブでした。
ライブに行くというのは非日常の体験ですが、
ボディセラピーなら日常の体験にできるので、

 

改めて、
もっと多くの方にお伝えしたいと感じました。

 

 

▼全国で「ゆるめる1DAY講座」を開催中
relaxsense.com/seminar/1day